« Previous | メイン | Next »

2004.8.6 STB139(by 白井幸吉)

前回のライブから3ヶ月、もう本当に待ちに待ったS.I.Pライブに行ってまいりました。
多くのS.I.Pファンの方々と同じように、私も時々S.I.Pの皆様から元気をいただかないとトホホな感じになってしまうのです。
さて今回のライブですが...
定刻ほんのちょっとすぎに、先ずバンドの方々が登場しました。いつもいつもSexy and elegantなピアノのイトカさん、かっこいい!&ぜひぜひまた歌ってほしいギターちえさん、イケメンなすび色あっちもそっちもこっちも系ドラマー岸田さん、普段はどんな感じなのか興味津々のシャイ風ベーシストなすのさん、一見ダンディー風でしゃべるとさわやか風のキーボードNOBU-Kさんの5人です。続いてS.I.Pのメンバー9人が登場しWe are Singing In the Parkから3曲続く怒涛のメドレーで幕が開きました。

このオープニングでは、毎回フォーメーションが楽しみなのですが、今回もその期待を裏切らない複雑でそして切れのある動き、そしてまさに「ノリノリ!ってこういうこと!」という雰囲気で、あっという間に日常から遠く離れたところに連れて行かれてしまいました。
4曲目Perfect pieceに続き、最初のMC。仕切るのは今日も志村さんです。(志村さんに思う存分しゃべらせてあげたい!と思っているのは私だけではないはずです)
ここでは「純さん楽屋に忘れ物事件」のおかげで、「出発点である公園で歌いたいなあ」といった皆さんの今の素直な心境をいくつか聞くことができました。
そしてtime keep lifting me今回のライブで個人的に最もかっこいい!と思った曲です。
ちえさんのギターと、純さんのブルースハープ、そしてブルージーなボーカル、素敵でした。
女性だけのアカペラ曲、お洗濯の歌に続いてflower(この曲もとっても好きで、はじまったとたんに思わず天を仰いでしまいました)、he touched meと、あっという間に一部が終了しました。

しばらくの休憩を挟んで第二部...
照明がゆっくり落ちたので、おっ!はじまるっ!と思い、椅子を微調整してステージの方を向いて待っていると、何と後ろにライトがあたっている!・・・前回のライブから採用したワイヤレスマイクをフルに活用した会場後方からの登場、まんまとやられてしまったという感じです。
曲は純さんソロのI want to see my Jesus somedayそしてそれに続くsukiyakiでは、会場全体での大合唱となりました。
そしてMC、ここでは今年のS.I.Pの予定が紹介されました。
(まだS.I.Pのライブに行かれたことのない方は、HPでスケジュールをチェックしましょう)
続いてアカペラ3曲、さざなみ、イパネマの娘、シェイクのメドレーでした。
これは、それぞれの曲も難しい上に、メドレーにするための曲のつなぎも難しかったと思うのですが、ん〜完璧!!でした。ソロをとったまこりんさん、さちこさん、志村さん、藤井さん、CHUKKiiさんの歌声が曲と本当にマッチングしていて、それはそれは心地よい響きでした。
インボケーション、これまたグッときてしまう名曲!Wishに続いて、S.I.Pといえばやはりこの二人という感じの山路さん、竹山さんソロのHe brought me out、歌声の色っぽさでは誰にも負けないmayumiさんと純さんソロのHold it up、そしていつも大ダンス大会になってしまうLet go , Let god、アンコールのWe've come to worship youと、これまたあっという間に二部が終了してしまいました。
いつもそうなのですが、拍手をしながらもっともっと聴いていたいと思いました。

S.I.Pのライブを一言でいうと?と聞かれたら、「ん〜お得!」と答えると思います。
9人のすばらしい歌歌いが本気で気持ちを伝えてくれる、そんなことはS.I.Pのライブでしか体験できないのですから。
次回のライブを楽しみにしています。そしてまだS.I.P未体験のあなた、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか? 
ありがとうございました。

posted : 2004年08月10日(火曜日) | live report