« Previous | メイン | Next »

2001.6.5 BLUES ALLEY JAPAN

S.I.P.では初めてライヴを演るブルースアレイジャパン…お店の雰囲気とS.I.P. って結構合うと思うよなぁ…とライヴを期待しつつ、始まるのを待つ。ライヴ開始時間が迫ってくると、空いている席にもだんだんと人が埋まっていきて、いー感じになってきた。
バンドのメンバーが、まず登場し、演奏が始まった。ファンキーでいつものS.I.P. とは全然違うオープニングだ。そこにメンバーが客席から踊りながらの登場。かなりのかっこよさ。さて、1曲目からなんと新曲。“HE TOUCHED ME”、バンドならではのノリノリな曲。これがそうとうかっこよかった。
演奏も歌も…。そしてお馴染みの“KUMBAYA”…シャウトするまゆみちゃんが、これまた盛り上げてくれる。

いつも気になるみんなの衣装。この第1部はブルーに統一。初夏を意識したのだそう。
客席からの反応を聞いてみると、リアクションがあまりなかった…どーだったのかな?個人的には好きだったのだけど…。
さて、次はJUNさんをフューチャ−した“ NOBODYELS LIKE YOU ”、この曲もお馴染みの曲ですね。とてもゆったり優しい気持ちになれる…聴いていてそんな気がする。
“ I'M AVAILABE TO YOU ”、リーダー山路さん、するちゃん、チャッキー君のボーカルが冴える。
次はアカペラで“INVOCATION”…まこりん、まゆみちゃん、ゆーき君が聴かせてくれた。
次もアカペラ、男女に別れてちえちゃん、するちゃんがメインで唄う“CAN'T NOBODY DO ME LIKE JESUS”。きっかけは忘れたが…なぜかするちゃんのデビ夫人のモノマネが爆笑をとった(笑)。
6月末にはレコーディングも決まったとの報告に拍手がなりやまない。やはり音源は欲しかった。素直に嬉しい。出来上がりが楽しみだ。
さて…ちょっと早い気もしたのだが…山路さん、竹山さん“ HE BROUGHT ME OUT”で一部は終了、しばらくの休憩時間をとる。


さて…二部。衣装が替わっていた。白の衣装と黒の衣装とにわけられていた。シックな装い(笑)。
第2部の1曲目は、まん中に女性軍かたまりアカペラで“RIVER IN MY DREAM”を唄う。
次は待ってました、まこりん大フュ−チャ−の“SWEET IN THE MORNING”。「コアなアカペラ」と笑いあうので、こちらももらい笑い。
「S.I.P.はひとり一芸があるのでぜひいろんな場所に呼んで下さい」みたいなコトを言っちゃうし……ひとり一芸…あ〜見たい!会場を爆笑におとしいれた次にこの曲とは…でも、これもS.I.P.だからこそ…と言える1曲だと思う、“MY SOUL DOTH MAGNIFY THE LORD”。
ここで次はちえちゃんがアコギを取り出し、演奏すると言う。ちえちゃんはめちゃめちゃかっこいいギタリストなのだ。曲は“ JAVA JIVE”。なのに〜、ちえちゃんが出だしをとちってしまい、「もう一度!」というコトに…「和みの曲」と言っていたとおり、ここでもひと和みした。でもとてもステキな曲だった。また唄ってほしい1曲だ。

 さぁ、ラストはぶっとばしていきますかぁ〜と言わんばかりにバンドが登場、またノリノリで盛り上がるしかない。
メンバー紹介を終えて、まずは“I WON'T TURN BACK”…個々の迫力あるソロがかっこいい。
“BLESS THE LORD, O MY SOUL”では坂本さんのベースソロ、中井さんのドラムソロにも圧倒される。ピアノの伊藤さん、キーボードの葛岡さんも…バンドメンバーの活動内容を聞いていると、すごい。まさにツワモノ揃い、ここでもS.I.P.の面々の力を思い知らされる。
“ HALLELUHAH”…これで第2部も終わった。

 けど…やはりアンコールの拍手はなりやまず…S.I.P.は再び登場。
このHPの話もあって…実はこのライヴあたり…管理人のPCは病院送りになっていて…メンバーにも迷惑をかけていのだ、ゆーきさんがヤフ−にも登録してくれて…(まったくそこまで頭が回ってなかった管理人だった)ありがとう。
“I SURRENDER ALL”、“WE'VE COME TO PRAISE HIM ”を唄って終わった。バンドバージョンとアカペラ…どちらも大満足だった。次回もバンドバージョンはあるのか、とても楽しみだ。9月まで心待ちにしておりましょう!

 余談ですが…このライヴの後、ブルースアレイで乾杯をして…次の店でメンバーは朝まで呑んだとか…すざまじいパワーです。

posted : 2001年06月07日(木曜日) | live report