« Previous | メイン | Next »

まこりんのリハ日記 vol.14

今日は山路さんちで、女子だけのリハをしました。
以前はよく山路宅に来て飲んでいたけれど、最近来る機会がなかったので、久しぶりでした。別に、仲が悪くなったわけではないです。たんに少し歳をとって、飲んだくれると次の日に響くようになったのだとおもいます。

女子だけのアカペラ曲の稽古をしました。1度、前やった時のビデオを観ようと言う事になりました。
皆で集中して観てたら、突然カツオ君が出てきた。ちえこちゃんがお腹で、リモコンを押してしまったらしい。本人が一番驚いていました。でもきっと、カツオ君も驚いていただろうと思います。

充実した練習の後、ビールを飲みながら、これまた久しぶりの山路さんの手料理を堪能しました。山路さんはホントに料理が上手なのです。よく訪れてたころは、この家を『スナック山路』と呼んだものでした。
メニューは、焼うどんならぬ焼きそうめんでした。あまりのおいしさに山路さん本人も「うまい!」を連発しました。あっという間になくなり、2回目を作ってくれました。
「あー、今度のは塩がたりないわぁー、さっきの方がうまくできたわー、くやしー」という山路さんに料理人のプライドをみました。かっこよかった。

数枚余ったフィルムを撮り終えてしまおうと、まゆぴーが『写るんです』をもってきていました。なんとか全員で写ろうと工夫した結果、ちえこちゃんが、ポジションにいながらにして、物干し竿でシャッターを押す、という技を見せてくれました。失敗のない見事なうでさばきに、大笑いしました。
後日、出来上がった2枚の写真には、スッピン顔で無邪気に笑う私達の中に、まるで虫取りあみを持つ夏の少年のように、慣れた手付きで物干し竿を持つちえこちゃんが、かすかに自慢げな表情で写し出されていた。死ぬまでこの人達とこんな事をしてたいな、と思いました。

(晴れ)

posted : 2001年05月27日(日曜日) | old archives