« Previous | メイン | Next »

まこりんのリハ日記 vol.12

今日はケーブルテレビの本番でした。入りの時間、リハの時間、それぞれ把握してた時間が微妙に違っていました。
そんなわけで、微妙にずれて、集まりました。私達は遅刻する人が多いので、早め早めに時間を設定します。しかし、そんな気づかいが、時に混乱を招いたものと思われた。

リハーサルでは、モニターにそれぞれが映り、やたらと気になってしまいました。
でも、ショックな事がありました。みんな顔にちゃんと影が出るのに、まこりんの顔だけ、真っ白な平面、かろうじて、目がテンテン、そして口がパクパクしてるだけだったのです。
皆、まこりんは色白だからだ、とか言ってくれましたが、あれは平ったい顔で、しかもパーツが小さいから起こる現象だと私は知っています。顔面全部で、ライトを受け止めてしまった。するちゃんだって、かつて私と一緒に「こけしーず」と呼ばれていたのに、ちゃんと映っていたのはなぜだろう。
山路さんはほっぺたの下にくっきりと影が出ていました。ペコちゃんみたい。

今回の話をもってきてくれたのは、かつてS.I.P.のメンバーだった藤井さんです。だから今日は彼が、いろいろ手伝ってくれて、大いに助かりました。
久々に会えただけでもうれしかったのに、カメラのスイッチングとか、音声の事など、スタッフの方達との間に入り、忙しそうにしていました。時々、いかさまディレクターの振りをして遊んでくれてサービス満点でした。

本番は アコースティックな感じで、シックなS.I.P.でした。
お客さんに声を吸われて、声がちょっとつらかったけど、それは大入りだったからです。
実はたまぷらーざという所は少し都心から離れているし、お客さんが来るのかな、でもS.I.P.は客が呼べないと思われるのもしゃくだぜ、などという、心配とチンケなプライドで複雑だったのです。
結果、今までで一番集客が多かったとのお言葉をいただき、心の中で「へへ〜んだ」なんて思ってしまいました。レベル低い感じ。
やはりかつてのメンバーのTOMMYと、かつては歌っていたが、今はもっぱらアレンジや譜面の事でお世話なってる佐藤君が来てくれてて、なんだか全員集合でした。仲間っていいな、と思いました。

当然うちあげは大勢になり、特に男子達は人数が多かったせいか、子供のように盛り上がっていました。
わざと音程をはずして気持ち悪いハモりを作ってゲラゲラ笑ったりしていました。盛り上がるにも、声が通るので、大変です。
でもS.I.P.は普段女所帯なので、男子はそれぞれ羽がのばせずにいるのだろうなぁ、と思いました。だから女子は、そんな姿を微笑ましく見守りました。
しまいには全員で、3文字しりとりゲームと、牛たんゲーム、山路浩加ゲーム(せんだみつおゲーム山路版)をしました。まこりんはすぐ言葉につまってしまい、まだゲームの面白さをつかめないうちに輪からはずされてしまいました。超つまんなぁ〜い、と言ってみましたが、容赦してはもらえませんでした。
一時どしゃぶりで空気が洗い流された、たまプラーザの閑静な街で、S.I.P.は久々に会う家族や親戚のような時間を過ごしました。
まみちゃんはアメリカに行ってしまった。少しさみしい。

(晴れ一時どしゃぶり)

posted : 2001年05月19日(土曜日) | old archives